私のカート (0)

電話する
0940-62-1392
連絡先
info@shoface.jp
ストア情報

平日, 9am-5pm

行き方

福岡県宗像市神湊793-1

福岡県宗像市神湊793-1

平日, 9am-5pm

shoeface初めてのPOP-UPを終えて
·

shoeface初めてのPOP-UPを終えて

·
11月の初めに、shoeface初めてのポップアップショップを開催させて頂きました。
大阪ルクアイーレの、イセタンメンズスタイルさまからのお声かけでした。
通常はオンラインでの販売のみを行っておりますので、直接実物を見て頂くこと自体が初めてのことでした。

小さな子どもがいるスタッフがほとんどなので、なかなか泊まりでの出張なども難しいわたしたち。
私たちの製品を直接ご覧頂きながらお話するという機会をどうしても逃したくなくて、なんとか1日だけ、初日に参加してきました。
もう一人、普段は静岡在住で営業をしているスタッフとも現地で落ち合い、2人で店頭に立たせて頂きました。
展開数も少ない中で、平日の昼間に販売スタッフが2人もいたら邪魔なだけなのに、勉強させてほしいとお願いしたら快くご了承くださった伊勢丹さんに大変感謝しています。

私は福岡・大阪間の日帰りだったため、夕方の早い時間で帰宅したんですが、、
そんな短い時間でもいろいろなお話を聞かせて頂き、濃い時間を過ごすことが出来ました。

まずはスタッフさんとのお話。
どんな方へ向けて発信したらよいかとか、どういったところに魅力を感じてくださったのかとか。たくさん勉強になりました。
ct70にスカーフシューレースを付けて下さったり。とってもお似合いでした。

それから、普段は全然スニーカーは履かない、とおっしゃっていた女性のお客様。
そういった方に目にとめて頂けるのは、店頭の醍醐味。SNSだけでは届けられない方にお届けできたことに感激。
パートナーの方へのプレゼントとしてお選びいただくうちに、ご自身のも欲しくなっちゃって、と選び始めてくださいました。
わかるー!
人の選んでると、自分の欲しくなるんですよねー。
普段は履かないけど、ご旅行で履く予定があるから、とのこと。
スニーカーって、普段履かない方は特にそうだと思うんですが、ガーリーだったり華やかなスタイリングが好きな方からすると、ご旅行みたいにどうしてもスニーカーが適してる場面で足元だけ雰囲気違っちゃうのが気になったりしますよね。
なかなか好みの雰囲気のスニーカーに出会えなかったら、靴紐かえて自分のスタイリングに合うスニーカーを作っちゃえばいいんですよね~!
スニーカー好きの方にお届けしたいのは勿論なのですが、普段履かないからこそのそういう悩みを持ってる方々にも、もっともっと伝えていく方法を考えなければ、と感じました。

一緒に、あれもいい、これもいいとか、でもこっちはこうだから、それならこっちのほうが、とか。
色々お話しながら選ぶ楽しさをありがとうございました!

他にも、同フロアの別テナントのスタッフさんがSNSで見てポップアップに来るの知ってたから、と見に来て下さったり。
あとは私が帰った後なので直接お話はできなかったのですが、オンラインで買って下さった方がご来店くださったり。
光沢感とかは実際に見る方が良くわかるから、と、実物を見ながらじっくりとお選びいただいたそうです。

他にもすべての方とのお話を書けないのがもどかしいですが、お一人おひとりと接せられたこと全てが財産になりました。

その後、2週間という期間で開催していただきました。
来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。
たくさんの方々に、直接見て頂ける機会を設けられたことを大変うれしく思います。

オンラインでたくさんの商品の中からゆっくりじっくりと選んでいただく楽しさも、全てをご覧いただくことはできなくても、実物を見ながらおしゃべりしながら選んでいただく楽しさも。
どちらもそれぞれの魅力があるなあと実感しています。

今後も機会をいただけたら、ぜひどんどんチャレンジしていけたらな、と思います。

まあ丁寧に書きましたが、単純に本当に楽しかった!
久しぶりの新幹線も駅弁も!
(朝から大好きな地元の駅弁食べて、ちょっと無理で、年齢を感じました。若いころは同じように朝からその駅弁食べてビールまで飲んでたのに…)
お昼ご飯は、スタッフさんにおすすめのうどん屋さんを教えて頂いて。
でも間違えてその近くの別のうどん屋さんに入っちゃったけど…
フロアから出る際にスタッフ通用口のドアを開けられなくて2~3周したり何度もスタッフさんに尋ねたりもしちゃったけど!
帰りの新大阪駅では、ドクターイエローに遭遇しました。
みーんなが車体の写真撮ってるのを見ながら駅員さんが「こういうときの西日がきれいなんだよねー」としみじみと話してたのでその視線の先を見たら
ドクターイエローの向こうにきれいな夕日がまぶしく光ってたりして、あらーいい1日だったな、なんて思ったり。
帰りの新幹線では、となりのお兄さんが真面目に仕事してたから軽食とノンアルビールを遠慮せざるを得ず。それだけが心残りです。

最高の1日をありがとうございました!
またみなさまにお会いできる日を楽しみに、いろいろがんばりまーす!
Japanese